John's blog

2014年

10月

19日

ダンスを楽しく踊りたい人集まれ!

秋もいよいよ本番ですな。みなさんコンテストやリハ、年末のショーケースに向けて忙しいかな?最近壁にぶち当たってて、なかなか思うようにいかないなとか、グルーブって何だろうとか、ノリが出ないとか、ダンスをもっと楽しむにはどうすれば

いいのかとか、成長していけば色々あるよね。じゃ、めちゃくちゃ楽しくなれるのを集めました。アフリカのガーナから火がついて、いまやロンドン、アメリカでも盛り上がっているダンスAZONTOです。本当にみんないいキャラしてるよ!ノリをキープしながら自由に表現してて最高に楽しそう!是非チェックしてみてね!

続きを読む 2 コメント

2014年

8月

23日

最近何聞いてんの? 第2回

あっついですな毎日。この暑さを吹き飛ばしてくれるような方達を紹介していきます。

なんといっても、本当ずーっと聞いてるこの方達。Soulection!

DJ,Produicer,ミュージシャン,デザイナーが集まったサンフランシスコを拠点としたクリエイト集団。

とにかく幅広く、ハイセンスな曲をガンガン提供してくれています。

ラジオ配信もしていて楽しいよ!

ぜひHPからチェックしてみてね!

HP

http://soulection.com/

Facebook

https://www.facebook.com/Soulection

soundcloud

https://soundcloud.com/soulection

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

01日

最近何聞いてんの? 第1回

お久しぶりです。

なんだか天気が慌ただしいですが、みなさんお元気でしょうか?

また雪かもなんて噂もありますので、雪かき対策は万全にね!

先日お友達のDJに久しぶりに会いまして、『最近何聞いてんの?』

なんて聞かれました。そのラフな言い回しがいいなと思いました。

よって、最近のオススメ→最近何聞いてんの?に変更して、

私の最近聞いている音楽のオススメを紹介していきたいと思います。

 

続きを読む 0 コメント

2014年

1月

18日

RMD(Radical Meditation Dancers)

RMDはRadical Meditation Dancersの略です.

急進的瞑想ダンサー達(直訳ですが...)

音を感じるがままに個性を生かし自由に表現する。JAZZの基礎から学んだ軸のあるパフォーマンスは見ている側にはとても美しく映ります。そこに、HIPHOPのリアリティー、急進的発想をのせていくダンサー集団。RMDはそんな願いから今年もさらに発展していきます!

タギングTシャツをオリジナルで作成して、去年のShowcaseでは全員がそのTシャツを着て素晴しいパフォーマンスを見せてくれました。客席も立ち見有りの超満員でしたね。関係者のみなさまお疲れさまでした。そして今年もよろしくお願いします!

 

最近良く聞いているアルバム紹介します。

Danny Brown のOLDというアルバムです。

結構踊れるナンバーが数曲入ってますのでぜひCheckしてみてね!

 

続きを読む 17 コメント

2013年

12月

28日

ネルソンマンデラってどんな人?

12月5日お亡くなりになったNelson Rolihlahla Mandelaさん。

私も大変尊敬しているこのお方ですが、RMD的hiphopの解釈において

大変重要だと思いましたのでここでお勉強しましょう。

アフリカ大陸には沢山の人種が生きています。

どんな人種においてもお互いを強調し、共存することを理想として生涯を

捧げてきたレジェンドがマンデラさんなのです。

彼の姿や行動は、今、現在のStreetで起こっている

現実社会の数々の問題と闘う私達に勇気やパワーをくれますよ。

Africa inside of me

Africa unite!

Hiphopやブラックカルチャーの好きな方達はもちろんのこと、

そうでない方も動画チェックしてみてね!

マンデラさんありがとう!そしてご冥福をお祈り致します。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

10月

10日

VICELOW !!! 

ども。今回はフランスのHiphopの紹介!

VICELOWです。SoundはSoFlyです!

本当かっこいい!!!

リリース全曲チェックすべし!

https://itunes.apple.com/album/bt2-collector/id571636463

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

17日

TRAP MUSIC

みなさんこんにちは。

今年の夏もいよいよ終わりに近づいてきましたが、

みなさんは、ダンスに燃えている事でしょう!(笑)

さて、今回はTRAP MUSICです。

808というリズムマシーンの音が特徴的。連続的なフィルを多用する構成で、DJのミックス色が強く表れているサウンドです。

現在かなり盛り上がっているようなのでチェックしてみましょう。

個人的に好きな感じのものをいくつか取り上げてみたいと思います。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

5月

16日

癒しの中から溢れ出すもの

こんばんは。

本日は癒しの中に溢れ出すもの!

忙しかったり、思うように物事が進まなかったり、壁にぶち当たったりとかしている

そんな時、特に朝、すごく心を洗われるような音楽をオススメしたいと思います。

そして、そこから溢れ出すものをダンスで表現できたら最高ですよね!

 

続きを読む 0 コメント

2013年

4月

24日

AFROの似合う素敵な人たち

今回はアフロの似合う素敵な人たちと題して、アフロの女性アーティストをクローズアップしてみたいと思います。

続きを読む 3 コメント

2013年

4月

24日

Tyler, the Creator

ご無沙汰です。

最近Checkしたアルバムですごくカッコ良かったのでぜひみなさんも聞いてみてください。

 

タイラー・ザ・クリエイター

カリフォルニア州ロスアンゼルスのラッパー、プロデューサーである。彼はオルタナティブヒップホップグループ、OFWGKTA(Odd Future)のリーダーであり、リリースされたすべての作品でラップとプロデュースを担当している。1991年3月6日生まれ。

日本でライブもあるよ!

5/30 新宿リキッドルーム

 

最新作(WOLF)から


続きを読む 0 コメント

2013年

3月

08日

最近チェックした動画集

みなさんこんにちは。

今日は最近印象に残った動画集です。

まずはJabbaWockeez健在!!

続きを読む 0 コメント

2013年

2月

16日

R&Bについて ~I have a dream~ その2

さて、前回の内容を踏まえたうえで感じてください。

R&Bの語源はリズム&ブルースです。

ブルースとはアフリカ系アメリカ人によるフォークミュージックです。

1960年代アメリカで、黒人たちの地位向上によりさらなる彼等のアイデンティティを高揚し、アフリカンアメリカンとしてのルーツを誇示するための音楽として、よりモダンになったブラック・ミュージックの一つの形をリズム・アンド・ブルース(R&B)と呼ぶようになったわけです。

続きを読む 0 コメント

2013年

2月

11日

R&Bについて 〜I have a dream ~

お久しぶりです。いやあ久々です本当。

実は弟ができまして....

Royといいます。

どぞよろしくお願いします!

 

 

続きを読む 0 コメント

2012年

12月

20日

最近のお気に入りです!

お久しぶりの更新です。RMDは今クリパに向けてみんな大忙しかな。

選挙やらクリスマスやら年末やらバタバタですが、楽しむときは多いに楽しみ、盛り上がるときは多いに盛り上がる!そして新しい年迎えましょうね!!!

てなわけで、今回は最近のお気に入りの中から2人ほどご紹介!

続きを読む 2 コメント

2012年

11月

02日

Sofly!!

続きを読む 0 コメント

2012年

10月

22日

taging!!!

寒くなってきましたね。

さて今回はタギングしよう!です。

タギングって???思われる方のためにちょっと説明します。

タギングとは、あのよく壁に書いてある落書きみたいなものです。

なんて書いてあるかもよくわからなく多くの方々に迷惑をかけている

あれですね。これらは古くストリートギャングなどの縄張りの誇示に用いられたサインでもあり、要は昔の暴走族が”夜露死苦”などと書いていたものがアメリカ化されたものを私達は街で良く見かけている訳です。

そんなもんなんでするのか?それはですね、実はコレすごく面白いアートなんですよ!作品にはピンからキリまでありますが、上手い物は文字が踊って見えたり、文字からメッセージがにじみ出てくるのです。

細かい説明はこちらでどうぞ。

わたしも何だかやってみたくなりちょっと練習しています。

上手くなったらTシャツ作るね!

こんなタグを購入してこんな感じで書いたりします。かわいらしい文字もあったりします。


続きを読む 14 コメント

2012年

10月

16日

最近のおすすめアルバム!

今回は最近おすすめアルバムです。

RMDの作品では最近DUBSTEPなどUKものの選曲が多いので

今回紹介するアーティストはLondonのNinjya tuneというレーベル関係の作品です。ぜひこの方々の他の曲やアルバムもチェックしてみてね!

 

続きを読む 0 コメント

2012年

9月

30日

RUN DMC !!!

お久しぶりでございます。

えーっとですね、うちのサーバーがお亡くなりになりまして、システムの再構築にバタバタでしたがなんとか復活。心機一転。初心忘るべからず!

というわけでやはりHIPHOPをポピュラーなものに押し上げた立役者といえばこの方たち!RUN-D.M.C.!について書きます。


続きを読む 0 コメント

2012年

9月

03日

Teach Me How To Dougie!

Dogie(ドギー)を踊ろう。ドギーとはくねくね体を動かすHIPHOPのスタイル。どんどん自由に発展させてオリジナルにしていくのが楽しいのです。是非動画をCheckしてオリジナルのカッコいい振り考えちゃおう!

Cali Swag District - Teach Me How to Dougie 

その名のごとくDogieに火をつけた曲です。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

26日

最近のおすすめアーティスト

いよいよ夏本番。暑っくなってきましたね。さて熱中症を吹き飛ばせ!ということで,最近のおすすめをチェックして盛り上がっていきましょう!

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

30日

Street Danceと言われても....

Hiphopとか言ってもさあ、あんまり正直言って興味ないし、ていうか、どちらかと言えば好きじゃないかも。でもまあ、子供達は楽しいみたいだから。ま、いいか。友達もいるしね。学校でもStreet danceやるんでしょ?フォークダンスは選択したくないしねえ。なんて....

ちょっと!!!そこのあなた!そんな事思ってませんか????

分かりやすいところからちょっと興味を持って頂きたいので、映画を紹介いたします。

ヨーロッパのダンスバトルの最新形を描いたイギリス発の『ストリートダンス/TOP OF UK』は2010年5月に『アバター』を上回る全英414館で封切られてBOX OFFICE初登場1位を樹立。各国で大ヒットを記録しながら、世界中の若者たちにダンスの情熱と喜びを広く伝えてきたこの作品ですが、DVDレンタルが7/3レンタル開始。映画館で見れなかった方は是非見て見ましょう。

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

13日

一生に一度は聞いてほしい名盤Part2

こんばんは。今回は一生に一度は聞いてほしい名盤Part2です!

今回紹介する人はKING OF FUNK James Brownの関連作品です。

ハイ。当然ながら我が国日本ではゲロッパの愛称で慕われてきたこの方ですが、hiphop music,danceには欠かす事のできないRootsでもあり、その功績は尊敬に値します。ま、私生活などトラブルの絶えない波乱の人生でありながらも、全力投球のパフォーマンスは何度見ても圧巻のステージばかりでした。多くのアルバムの中から是非というものを紹介いたします。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

01日

RMD的HIPHOPの解釈

こんにちは!

とうとう6月です。暑くなってきましたね。

さて、今日はRMD的HIPHOPの解釈と題して私の思う所を書いてみようかと思います。はい。

まずウィキペディアや検索サイトやYOUTUBEなどで”ヒップホップ音楽の歴史”と検索して記事を読んでみて下さい。色んな人がいろんなこと言ってます。

はい。読み終えましたか?何だか登場人物のことを理解するだけで疲れてしまいます。はい。

華やかな歴史の背景には数々の闘争がありました。表には必ず裏があるように、愛と憎しみ、裕福と貧困、平和と戦争、光と影、いつの時代もそれをそのままリアルに表現する手段としてHIPHOPは優れた文化であると思います。

HIPHOP=黒人文化なんですよ。ルーツはそこにあるのですから。

ですから、HIPHOPを自分の物にしようとしても日本人にはムリなんです。ルーツが違いますから。まあ、共感できる部分も多くあるとは思いますけどね。

しかし、そんなことは分かっていても不思議なことに私たちは、黒人音楽や神に捧げる魂の揺さぶられるような踊りに民族人種問わず感動を覚えてしまうことがあります。

これはおかしなことなのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。表現の自由が守られている現代社会に生きる私達にとって、それはごく自然な事だと思います。ですから、きっと私たちは、ごく自然に影響されたミュージシャンやダンサーを尊敬して、憧れて、あの人みたいになりたいと真似をしているのです。

私達は、日本人として誇りを持った上で、異文化交流は大切な事だと思っています。世界は平和なほうがぜったいいいですよ。だって友達いっぱいのほうがぜったい人生楽しいですよ!ですから、黒人さんとお友達になりたければそのルーツを学ぶのは礼儀だと思っています。ただ、黒人さんが全てバスケが上手かったり、踊りが上手だったり、歌がうまかったり、HIPHOPが好きだったりするわけではありません。勝手な先入観で相手を判断するのはナンセンスだと思うし、そうあってはいけないといつも気を付けています。

HIPHOPが好きであれば一番重要なことは尊敬と感謝です!

まず命がけで黒人文化を残してくれた先人達に感謝しよう。カッコイイ音楽、ダンス、アートを私達に残してくれてありがとう。そしてどんなに自分が偉くなっても影響された人物に対する敬意は忘れないこと。

そして、HIPHOPを学び、より多くの人たちを感動させられるようなパフォーマンスをすることが、命がけで黒人文化やHIPHOP文化を残してくれた先人達が喜んでくれる事だと信じて、今の自分自身の100%の力を発揮すること。

これがRMD的HIPHOPの解釈です。

 

 

 


0 コメント

2012年

5月

04日

De La Soul が聞きたいんです!

何だか天気が悪くて困りますね。今日は無性にDe la Soulが聞きたいんです!こんな天気だからこそ盛り上がっていきましょう!

90年代hiphopといえばこの方達!ベテランとなった2MC/1DJのユニット。メンバーはポス(Posdnuos)とトゥルーゴイ(Trugoy)、メイス(Mase)の3人。ニュースクールのスタイルを築き上げた一員。今もなおスタイルを曲げる事無くリリースを続けている貴重なグループ。

RMDでも"RingRingRing"とかlessonで使っていたと思いますが、とにかくこの方々のアルバムは何買ってもハズレがない!色々考えずにとにかく盛り上がれるんです!バカ騒ぎ最高!万歳!という時はおすすめです。ゴールデンウイークも残りわずかですが、盛り上がっていきましょう!アルバムは絶対checkしてね!

 

フィート・ハイ&ライジング - 3 Feet High and Rising (1989年)

De La Soul - Say No Go この曲今でも大好きです。

De La Soul - Me, Myself And I この2曲は押さえておいてね!

 

デ・ラ・ソウル・イズ・デッド - De La Soul Is Dead (1991年)

De La Soul - A Roller Skating Jam Named Saturdays キター!

 

バルーン・マインドステイト - Buhloone Mindstate (1993年)

De La Soul - Breakadawn MJネタです。

 

ステークス・イズ・ハイ - Stakes Is High (1996年)

De La Soul- Stakes is High プロデュースJ Dillaですね!

 

アート・オフィシャル・インテリジェンス:モザイク・サンプ - Art Official Intelligence: Mosaic Thump (2000年)

De La Soul ft. MF Doom - Rock co kane Flow 

これは何回聞いても最高です!Live映像をぜひどうぞ!

De La Soul - Much More これもJ Dilla!!!

 

AOI:バイオニックス - AOI: Bionix (2001年)

De La Soul - Peer Pressure Ft. B-Real これもJDilla!!!イイネ!

 

グラインド・デイト - The Grind Date (2004年)

 

 

 

 

 

 

16 コメント

2012年

4月

07日

Daru Jonesから学ぼう!

こんちはです。今日は最近気になる方Daru Jonesさんです。(ダル・ジョーンズ)ブルックリン在住のドラマー兼プロデューサー。1996年に自身のレーベルRUSIC RECORDSを設立。自身の楽曲制作の他、やインディペンデント・アーティストとのコラボレーションなど積極的に行う。現在は、BLACK MILKやTalibKweliのバックでドラムを叩く傍ら、プロデューサーとしてビート製作やリミックスなども積極的に行っているそうです。

なぜこの方について?というと、最近のhiphopのliveで演奏している黒人ドラマーの中で一番気になる方だったから。そして黒人ドラマーのノリは本当にカッコイイのでそのビートを感じてほしいのです。はい。Danceをする上でノリを意識する時一番重要なのはビートをつかむことです。ビートとはドラムの音とベースの音で主に構成されています。その音がどのように鳴っているのかdaruの演奏を目で見て見ましょう。←クリック 

そしてどんな曲で踊る時も演奏している様子をイメージすると、一つ一つの音がはっきり見えてきます。そして表現の幅が広がると思いますよ!

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

31日

R.I.P J Dilla a.k.a J Dee

とうとうこの方のことについて書く事にしました。

そのお方とはJ Dilla (ジェイ・ディラ)さんです。別名Jay Dee。

1974年生まれ、本名はJames Yancee。ヒップホップ・ミュージックに大きな影響を与えたデトロイト出身のビートメイカー。

 コアなアンダーグラウンドリスナー達を毎度唸らせている。
2006年、久々にソロ名義での作品となるインストゥルメンタル集"Donuts"をリリースするが、そのわずか4日後に狼瘡に伴う合併症で逝去。亡くなった現在もヒップホップ・シーンにその息吹を感じさせる、稀有なアーティストです。

何聞いてるの?『ん?J dillaだよ」なんていったら超シブイdancerですよ!Maika & Kazane (Japan) in semi-final of hip-hop new style in JUSTE DEBOUT 2009, the most important hip hop contest around the world.この二人の日本人。当時10歳と12歳です。すごいね!Maikaさんは今年も出場。レベル高!ファイナルまでいったんですね。ちなみに5曲目はJ Dilla です。

私はこの方の音に出会わなければhiphopを好きになっていなかったし、トラックも作っていなかったと思います。ものすごい影響を受けました。音の粒が飛び込んでくるビート。あと『間』ですかね。これはホント素晴しいです。数多い素晴しい作品の中から分かりやすいものをご紹介してみたいと思います。

The Pharcyde-Drop  J dee がremixしてます。PVも面白い90s hiphopの傑作。

Won't do -J dilla ご本人の作品。永久保存版ですね。

Oh No - Move ft.J Dilla&Roc c  もうこれは押さえておきましょう。

とにかくインストのトラックが沢山あります。どれも独特の空気感があり、ずっと聞いているとハマりますよ!ぜひいろいろ自分でチェックしてね!

 

 

 

 

0 コメント

2012年

3月

12日

GrimeとDubstep

みなさんこんにちは。今日はGrimeとDubstepという音楽ジャンルについてサラッといきます。歴史を調べるとグライム(英:Grime)とは、UKガラージ2ステップなどのハウス系クラブミュージックに、ラップレゲエの要素を加えた音楽ジャンルの総称であるそうです。

ダブステップ(英:Dubstep)とは、2001年にロンドンの「Velvet Rooms」というクラブで開催されていた「Forward (FWD>>)」というクラブイベントで、2ステップダブミックスブレイクビーツドラムンベースの要素を加えた音楽を選曲することが流行したのがダブステップの始まりであるらしい。その音楽は2002年ごろには「ダブステップ」というジャンルとして、2ステップやグライムとはまた違った音楽として知られるようになっていったらしいです。

サウンド的には、dubstepにrapがのればそれはGrimeと言われてしまう部分も多くあると思います。私的には、UK生まれのhiphop style なのかなと思っております。londonのストリートカルチャーからの発祥であるこの2つのジャンルは、当然のようにstreetdanceにも大きく影響を及ぼしてきました。

お気に入りをいくつか紹介いたします。

Show "La Preuve Par 4" フランスのダンスクルーです。お面です。

UK Garage, Live from London City  グライムのlive映像。リアルでかっこいいです。


続きを読む 0 コメント

2012年

2月

05日

Juice について

今日は、Juiceについて書きます。

2月12日には恒例のemanate Street Dance Contestですね。

昨年は発表部門で特別賞を頂きました。

今年はグループ部門での参加ということで、さらにレベルの高いパフォーマンスが求められます。がんばりましょうね。

てなわけで、RMDのJunior Team の名前に使わせて頂いていますが関連のあるネタを載せますのでcheckしてね。

 

まず映画Juiceです。これは1992年のアメリカ映画です


ふとしたきっかけで銃を手にした4人のティーンエイジャー。クラブDJを目指すQ(クインシー)は、仲間を大切にするあまり面白半分の強盗プランに加担する。しかしそこで起こった必要のない射殺事件から、4人は逃れ切れない深みにはまっていくというストーリー。内容が特別面白いという訳ではないですが、人種差別、社会に対するやり場のない憤り、嫌悪、苛立ちなどの黒人問題を描いており、ぜひ一度は見てほしい映画です。

そして今年のジュースの曲の最後に”You don't Know me Yet.おまえはまだまだ俺を分かっちゃいないぜ!”という意味。と言っている声ですが、それはこの曲がネタです。juiceのサントラにも入っています。


ビッグ・ダディ・ケイン Big Daddy Kane  NYブルックリン出身のラッパー。

マーリー・マールの主宰する伝説的なグループであるジュース・クルー(Juice Crew)に参加して彼のラッパーとしてのキャリアはスタートしました。1980年代半ばから1990年半ばの時期にシーンを牽引する代表的存在。ルックス、そしてシャープなラップのフロウなど人気が相まって、ヒップホップ界随一の色男として今もなお人気のあるラッパーの一人であります。同じJuice Crewの一人ビズ・マーキーBiz Markieもぜひ押さえておいてね!私はこの人、大好きなんです。

 

Juiceは”尊敬”を意味します。

 

人と比べてそいつに勝つという目的では本当に尊敬なんてし合えるのでしょうか?大切なのは”誰が一番ダンスが大好きなのか”という同じ目標に向かって競争し合う事だと思います。相手の素敵なところは自分に取り入れていこう。相手の良くないなと思う事は伝えて行こう。これは、相手を同じ目標をもった仲間として認め合えたときに始めてできる事なのではないでしょうか?

今回、”One for all all for one” を合い言葉に、一人一人の力は小さいけれど、みんなで力を合わせれば大きな力に変わるという気持ちを胸に、多くの方々が感動して頂けるようなパフォーマンスを目指していきましょう。

昨年の東日本大震災で、世界中の人たちは日本を心配してくれています。

みんなはまだまだ俺たちの底力を分かっちゃいないぜ!大丈夫!って元気いっぱいなところを若い君たちが、世界中のみなさんに伝えるような気持ちで表現できたら最高ですよね。

 

1 コメント

2012年

1月

23日

JabbaWockeez(ジャバウォーキーズ)

JabbaWockeez(ジャバウォーキーズ)アメリカのMTVで放送している『America's Best Dance Crew』という番組で初代チャンピオンになったダンスグループです。
黒人+フィリピン系やアジア系で構成されていて、その独特なパフォーマンスにアメリカでブームになりました。

とにかく、テーマと構成がおもしろいです。あとお洒落な衣装の色がきれい。Tシャツカッコいい。カンゴールハット最高!ぜひCheckしてみてね!

JabbaWockeez 2011 その1

JabbaWockeez 2011 その2

Season 2 special guest performance





0 コメント

2012年

1月

23日

女性ラッパー!その2の巻

The Real Roxanne リアル・ロクサーヌ NYブルックリン出身

1963年7月15日生まれ。48歳

前回紹介したロクサーヌシャンテとゴタゴタを起こした張本人。どっちが本当のロクサーヌか?とか当時はいろいろあったようです。お金稼ぎには話題作りが重要な業界だったりするので、私的には深く考えていません。ただ、今になってアルバムを聞いてみるととても新鮮です!個人的に好きなのをいくつか紹介します。

Roxanne's on the roll  1988

Ya Brother Does 1992

 

old schoolの女性ラッパーは他にも沢山いますが、まずはこの辺から自分のお気に入りを見つけてね!

MC Lyte , Antoinette も一緒にcheckしてね。

 

 

 


0 コメント

2012年

1月

10日

LES TWINS part 2

どもだす。

最近のLES TWINSの教えているLesson風景がyoutubeにアップされてたので見てみてね。

続きを読む 0 コメント

2012年

1月

08日

女性ラッパー!

どもです。今日は女性のラッパー特集でいきます。

たくさんいらっしゃる中でまずはこのお方々をご紹介。

続きを読む 0 コメント

2012年

1月

05日

happy new year 2012

皆様、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今年はさらにレベルアップした内容で皆様に喜んで頂けるように

STAFF共々精進を重ねてまいります。

新しい出会い、子供達の成長を心から楽しみにしてます。

RMDよろしくね!

 

0 コメント

2011年

12月

05日

最近気になる方々 Part 2

どもでし。前回に続き今回は黒人編です。

他にも沢山カッコいい方々がおりますが、まずはこの方々をぜひcheckしてくださいな。

続きを読む 0 コメント

2011年

11月

29日

最近気になる方々

最近の気になるDJ・プロデューサーの楽曲まとめてみました。

がんばれ白人・混血人編です。

 

続きを読む 0 コメント

2011年

11月

26日

BEASTIE BOYS!!!

さて、今日はBEASTIE BOYSです。Hiphop界の永遠のアイドル!アメリカ人3人組のHiphopArtistです。RMDでは大変お世話になっております。BODYMOVIN(linkはFATBOYSLIMremix),Eggman,SHAKE YOUR RUMP,Paul Revere,などなど数えきれません。

なんでRMDの曲ってbeastieが多いの?なんて声を耳にしまして、あ〜確かにそうだねってくらいであまり気にしていませんでしたがお答えします。単純に好きだからです!ずーっと大好きなんですよ。そして、この方々がいなければ多分白人のRap,hiphopは存在していないでしょう。RUNDMC同様にROCK好きからも熱いファンが多いです。この独特のユルユル感と永遠の少年のような高い雄叫び声。白人特有のユーモア、ジョーク、楽曲センス、アート性、表現力の素晴らしさを作品の随所で痛感させられます。'Sabotage'もいいです。Whhhhhy!って叫んでます(笑)イントロでヤラレマス。live映像面白いの沢山あるのでCHECKしてね。もうお気に入り出したらきりがありませんので、どうしても押さえておいてほしいアルバムだけ紹介。

Licensed To Ill(1986年) デビューアルバム。全米1位 :930万枚

Paul's Boutique(1989年)- 全米14位 :210万枚(私の一押し!!)

一番売れなかったが、私の中では最高傑作。音ネタのセンス抜群の1枚。私は聞きすぎて3回アナログ買い直しました。

Check Your Head(1992年)- 全米10位 :トータル220万枚

Ill Communication(1994年)- 全米1位 :トータル340万枚

っていうかほとんど全部なんですけど。。。

0 コメント

2011年

11月

15日

LES TWINS

続きを読む 0 コメント

2011年

11月

14日

R.I.P. Heavy D

続きを読む 0 コメント

2011年

10月

23日

ノリをつかもう!

続きを読む 0 コメント

2011年

10月

17日

一生に一度は聞いてほしい名盤Part 1

ダンスネタからちょっと寄り道。名盤シリーズでいきます!秋の夜長に一杯やりながらでもよし、キッチンでお料理を作りながらでもよし、おすすめネタをご紹介していきます。

第一弾はみなさんご存知のstevie wonderです。

盲目の天才アーティストとして12歳でモータウンよりデビュー。

60年代にも数々のヒットを出していますが、1970年以降のアルバムからこの3枚を是非聞いてほしいです!

今やdancemusicでは定番として使われているmoogというアナログシンセサイザーをたっぷり使っています。妙に癒されるピアノフレーズ、サウダージ感極まる独特のラテンジャズサウンドが輝いています。

 

まずはTalking Bookです。

1972年に発表された15枚目のオリジナル・アルバム。

You Are the Sunshine of My Life 言う事なし。

You and I (We Can Conquer the World) 泣けます。

Tuesday Heartbreak  ウキウキします。

アルバム全部いいけど、この曲は絶対チェックしてね!

 

続きを読む 0 コメント

2011年

10月

16日

Chris Brownが飛んでますよ!!!

お久しぶりの更新です。

今日はクリスブラウンさんです。

Michael Jacksonの後継者と噂されリアーナとの破局やDVで話題になった

ことは皆さんご存知でしょう。その前に彼はとても才能溢れるアーティスト

であることを理解してほしいですよね。ダンスはもちろんのこと、演出、作曲、まさにblackpopstarですよ。

今回のMTVのパフォーマンスはFlyyyyy!飛んでます(笑)

ドヤ顔のクリスさん!必見のライブです。

アメリカは今、失業やらデモやら大変な状況ですが、セレブたちはおかまいなしですね。でも、みなさんとにかく人を熱狂させる、楽しませることに関してはやはり一流であることは間違いないですよ。ご立派です。

それが世界の人々の生きるパワーになるといいですね。

 

 

続きを読む 0 コメント

2011年

9月

10日

コンシャスヒップホップ

本日はちょいと難しいお題です。

コンシャスヒップホップ。自然回帰、自身の人種に対する誇り、政治感をポジティブに表現するスタイル。現実に起きていること(メディアに取り上げられない内容)や、クリエイティブな事(先取りしすぎてキチガイ扱いされてしまうような内容)をいかに多くの人々に伝えていくか?という部分がネックで社会においてメディアに利用されて終わることが多い。

最近では、表現手段に見境がなくなりとてもリアルで個性的なものが多いがアンダーグランドにとどまっていく傾向のようです。

世にコンシャスヒップホップを知らしめたのが、92年初めてHIPHOPでグラミー賞新人賞を取ったアレステッド・ディヴェロップメント。東だ西だとヒップホップの闘争の中、アフリカ原点回帰を促し、黒人の存在価値をもって一つになろうと訴えかけた3 YEARS,5 MONTHS AND 2 DAYS IN THE LIFE OF...というアルバムは当時の私に衝撃を与えたことを良く覚えています。世間の大きな評価と同じくして当時のHIPHOPシーンから邪道扱いされ大きな批判を受けたのは当然でした。しかし、メディアがコンシャスヒップホップを受け入れたことに当時のエンターテイメント業界にとっておおきな転換期が来たといえます。次の扉を開いたアーティストとしてやはりFUGEESでしょうか。このグループのパフォーマンスも衝撃的でした。印象的だったのはこのライブ映像。今でもローリンヒルは自分のスタイルを貫いているところは凄い。このノリは当時の彼らにしかできないもので、今の彼らでは感じる事のできない空気感です。開かれた扉から溢れ出した黒人的発想はすでに暴走列車のごとく走り出し、今もなおこのスタイルを受け継いだ多くのアーティストが活躍しています。まずはデラソウルア・トライブ・コールド・クエストなどからCHECKしてみてくださいね。

どうすればもっとカッコ良くなれるかな、みんなを盛り上げられるかな、

イメージしてみよう。私だったらこうしてみたいとかさ。きっと自分らしさがそこから見えてくるはず。自分を信じて!コンシャスヒップホップからはそんな希望や力をいつも与えてくれている気がしてなりません。

0 コメント

2011年

9月

02日

日本のPOPSTAR

いよいよ9月。秋来ますかねえ。また残暑が続くのかなあ。早く台風12号去って欲しいスね。

今日はですね、三浦大知さんです。今、日本において一番輝いているアーティストといえばもうこの方以外いないと思います。私が初めて彼の声を聞いたのは97年頃、今は無き渋谷の某CLUBでのFREESOUL系イベントでした。フロアーでI WANT YOU BACKのイントロが流れるとあれれ『少年時代のマイケルが日本語で歌ってる??誰?』DJのところにいくとFORDERのサンプル盤でした。声一緒じゃん!ヤバいでしょこの人!それ以降彼の曲とかパフォーマンスをお気に入りでCheckしてました。2000年、変声期を理由にFolderでの活動および芸能活動を休業し2004年また芸能活動を復帰。そして今や和製マイケルジャクソンと言われていた過去から三浦大知というアーティストとしてスターダムに上り詰めたのです。歌、ダンス、曲、演奏マルチにこなす。ライブ動画みて。ライブでこのパフォーマンスですよ!カッコいいです。このまま自分のスタイルを曲げないで続けてほしいです。甘く切ないバラードFolderのソロ『ever lasting love』.『Knock Knock Knock』danceshowcaseの動画、色々いいのあるからチェックしてみてね。現在のJPOPシーンにおいて黒人音楽をベーシックにしたもの中では今最高レベルですよきっと。

まさに彼こそが日本にいる奇跡のPOPSTARだ!

0 コメント

2011年

8月

28日

Northern Soul

おはようございます。今NYはハリケーンが襲来中。大きな被害がないことを祈ります。さて、今日はNorthern Soulです。(映画BLUE JUICEからのシーン)ノーザンソウルはイギリスのDANCEで60年代後半から始まり、ブレイクダンスのルーツとも言われています。特徴としては、60TsのノリのいいSoul,R&B,で踊る。フロアにベビーパウダーをまき散らし、豪快にスピンしたりアクロバットな技を組み合わせたりといった感じです。ステップもいろいろありますがかなり細かい。イギリスではわりとポピュラーのようですが、日本ではUNDERGROUNDで、最近では教えてくれるDANCERもいらっしゃるようですがまだ少人数のようです。たまにWORKSHOPやってるみたいですよ。けっこう好き嫌いが分かれると思いますが個人的には好きです。60年代の音楽、ファッションスタイルやアートが好きな方にはもうたまらないシーンですね。みんな変に気取っててそれを競い合ってるところが今時珍しいというか新鮮。タイムスリップしたような気分になります。BritishRock好きの人ならご存知あのポールウェラーが7インチかけてご機嫌そうにしている動画。こんな子供からご年配の方までみんな目がキラキラして輝いていられる空間があることが素敵ですね。天井の高いダンスホールでみんなで楽しく踊れたらきっと幸せですよね。

0 コメント

2011年

8月

23日

POPについて思う事。

なんだか急に涼しくなってきました。夏風邪注意ですね。

えーと。今日は、POPについて。oldschoolのDancestyleで、ロボットダンス、パントマイム、アニメーションとかもその分類です。Boogaloo Samさんが考案したと言われています。 Popin Peteも重要人物なり。(Wikiにてやたら詳しく解説してありとても勉強になります。CHECK!)いろいろある中でもやはりMJのこの動画が印象的です。一連の動作の中で一度静止して瞬間的に筋肉を収縮させ音に合わせる。この動きを極めればきっと人間は地球上すべての物を表現できるのではないかと思わされてしまいます。ちょっと大げさかな。いや、でも現在Streetdanceにはぜったい不可欠な動きの要素であることは確かです。私はPopdanceのルーツを大切にするPoperになるのも粋だと思いますが、できればHiphopで表現してほしいです。色んな表現の仕方があって見ていて楽しいから。POPの要素が含まれた動画、純粋におもしろい!カッコいい!と思えるものをひたすら見て真似してみてください。そして、自分の日常の表現をPOPで表してみましょう。自分のオリジナルのパフォーマンスでみんなを驚かせてみよう!では、日本人のPoperすごい方いっぱいいらっしゃるのですが、お気に入りの中からU-MIN!!!(ユニクロCM)そしてMISSYに呼ばれて出たPVはこちら。いやー日本人スゴイ!

0 コメント

2011年

8月

14日

Let's get Funk ya !

みなさんコンニチハ。今日はFUNKYになろうよ!です。多くの方はFUNKYってよく聞くけど実際のところいまいちよくわからないというでしょう。そこを掘り探って行きたいと思います。単刀直入にいうとですね、『黒い!』ですね。『匂う!』ともいうかな。。日本語でいきなり知らない人につかうと殴られるので注意。黒人の生活から生まれたセンスで『素晴しいよ!』という褒め言葉です。1960年代に生まれたこのFUNKというジャンルですが、まず欠かせないのはゲロッパことKING OF FUNK JAMES BROWN(動画チェックしてね)

もう本当にお世話になってます先生。初期の映像を見ると、何者かに引っ張られるような動きもこのお方がルーツなのです。人間的には問題を起こしてばかりでこの世を去ったこのお方ですが、黒人音楽を世に広め楽しませるために生まれてきた人です。音が鳴りだすとスゴイです!やはり、HIPHOPのみならず、マイケルジャクソン、プリンスに大きな影響を与えたお方である。まさに突然JBのライブに呼ばれていたマイケル、プリンスの飛び入りシーン動画!尊敬していることがよくわかりますね。そして次に泣く子も黙るgeorge clinton&Parliament,Funkadelic 率いるP-FUNK。芸術を越えた黒人コスプレ集団です。おむつはいてたりします。youtube等でいっぱい動画見てみて。Funkをまじめに突き詰めて行くと楽しませる為の哲学に入り込み、P-funkのような表現になるのだなと思います。ご覧頂いたとおり、funkという自らが思いっきり楽しんで、みんなも楽しませる究極の手段を使って命がけで人を喜ばせます。『ぼくはJB好きでけどP-FUNKは嫌い』みたいな方もいるようですが、小さなジャンルで解釈するのではなく、自分に影響を与えてくれた人やパフォーマンスに感謝をもってどんどん吸収して、自分にしかできない表現(やってみればそれが自分らしさ)を自信を持って発してゆくことが大切。そこで初めてWe got Funk!ですよ。ファンキーってこと。

両者ともにhiphopには多大な影響を与えており、無くてはならない存在であり、伝説です。ただね、FUNKは進化し続けているのです。つぎの伝説は君かもしれないヨ!

 

 

0 コメント

2011年

8月

06日

BE BOP

BE BOP (ビバップ)といえば...やはりあれっすか?ヒロシ?トオル?

まあいいとして。えっと、バップとか言われたりもしています。1940年代に生まれたJAZZのSTYLEで即興性を重視するジャンルです。

まず初めにDizzy Gillespieをおさえておきましょう。hiphopネタでも相当使われていますが『Be Bop』『Solt Peanuts』などカッコいいス!

しかしこのスタイルは、1950年代終わりごろには、誰がやっても同じようなアドリブになってしまう状況に陥り行き詰まったそうな。なるへそ。

dancestyleとしてはswingのように男女でアクロバットみたいなのもありますが、有名なのは速いステップとモダンジャズの演出でしょうか。となると、やはりbrother in jazzですかね。UKの人たちでフリースタイルだけでなく、演出もすばらしい。のちにhouseやbrakedanceにも影響を及ぼしたように思えます。魅力としては、やはりこのノリですかね。シャッフルのノリ。なかなか出せないんですよねコレが。ところが、日本人の方でもすごい人たちいます。sound cream steppers。有名な方々で要チェック。最近はフリースタイルでbopを踊られる方も多いようですが、この方々は演出も最高です。味があります。なんか日本人であることが嬉しくなりました。kidsdanceには玄人好みの為まだまだ影響は及んでいないようですが、ぜひ若さあふれるbopを見せて頂きたいものですね。

続きを読む 0 コメント

2011年

8月

05日

変な天気がつづきますな。

ども。変な天気がつづきますな。

今日はですね、カッコいいっすよ。定番!元ネタのWe are winner/curtis mayfieldも最高ですが、PVのダサイ感じがおしゃれなやついきます。

Rock Steady Crew - Rhythm Technicians


続きを読む 0 コメント

2011年

7月

28日

john's blog

RMDのホームページが始まりました。

 

RMDのおかげで留守番担当のジョンです。

このblogでは、ジョンがイイネ!と思えるものを発信していきたいと思います。

よろしくお願い致します。

今もまだ震災の傷跡が多く残る中、ただ前を向いていくことだけで過去を振り返らないようにしている方々の姿に励まされました。また前を向いて立ち上がろう!きっとそこに生きがいがあるはずさ。right!

1発目はmissyの楽しいパフォーマンスで盛り上がってね!

では、メシの時間なので また。

 

続きを読む 9 コメント

What's New

2014年

10月

19日

ダンスを楽しく踊りたい人集まれ!

秋もいよいよ本番ですな。みなさんコンテストやリハ、年末のショーケースに向けて忙しいかな?最近壁にぶち当たってて、なかなか思うようにいかないなとか、グルーブって何だろうとか、ノリが出ないとか、ダンスをもっと楽しむにはどうすれば

いいのかとか、成長していけば色々あるよね。じゃ、めちゃくちゃ楽しくなれるのを集めました。アフリカのガーナから火がついて、いまやロンドン、アメリカでも盛り上がっているダンスAZONTOです。本当にみんないいキャラしてるよ!ノリをキープしながら自由に表現してて最高に楽しそう!是非チェックしてみてね!

続きを読む 2 コメント

LUBMB★BRAID

dancer.singer御用達

コーンロウ・ブレイズ他

プロ級の技を激安提供!