RMD的HIPHOPの解釈

こんにちは!

とうとう6月です。暑くなってきましたね。

さて、今日はRMD的HIPHOPの解釈と題して私の思う所を書いてみようかと思います。はい。

まずウィキペディアや検索サイトやYOUTUBEなどで”ヒップホップ音楽の歴史”と検索して記事を読んでみて下さい。色んな人がいろんなこと言ってます。

はい。読み終えましたか?何だか登場人物のことを理解するだけで疲れてしまいます。はい。

華やかな歴史の背景には数々の闘争がありました。表には必ず裏があるように、愛と憎しみ、裕福と貧困、平和と戦争、光と影、いつの時代もそれをそのままリアルに表現する手段としてHIPHOPは優れた文化であると思います。

HIPHOP=黒人文化なんですよ。ルーツはそこにあるのですから。

ですから、HIPHOPを自分の物にしようとしても日本人にはムリなんです。ルーツが違いますから。まあ、共感できる部分も多くあるとは思いますけどね。

しかし、そんなことは分かっていても不思議なことに私たちは、黒人音楽や神に捧げる魂の揺さぶられるような踊りに民族人種問わず感動を覚えてしまうことがあります。

これはおかしなことなのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。表現の自由が守られている現代社会に生きる私達にとって、それはごく自然な事だと思います。ですから、きっと私たちは、ごく自然に影響されたミュージシャンやダンサーを尊敬して、憧れて、あの人みたいになりたいと真似をしているのです。

私達は、日本人として誇りを持った上で、異文化交流は大切な事だと思っています。世界は平和なほうがぜったいいいですよ。だって友達いっぱいのほうがぜったい人生楽しいですよ!ですから、黒人さんとお友達になりたければそのルーツを学ぶのは礼儀だと思っています。ただ、黒人さんが全てバスケが上手かったり、踊りが上手だったり、歌がうまかったり、HIPHOPが好きだったりするわけではありません。勝手な先入観で相手を判断するのはナンセンスだと思うし、そうあってはいけないといつも気を付けています。

HIPHOPが好きであれば一番重要なことは尊敬と感謝です!

まず命がけで黒人文化を残してくれた先人達に感謝しよう。カッコイイ音楽、ダンス、アートを私達に残してくれてありがとう。そしてどんなに自分が偉くなっても影響された人物に対する敬意は忘れないこと。

そして、HIPHOPを学び、より多くの人たちを感動させられるようなパフォーマンスをすることが、命がけで黒人文化やHIPHOP文化を残してくれた先人達が喜んでくれる事だと信じて、今の自分自身の100%の力を発揮すること。

これがRMD的HIPHOPの解釈です。

 

 

 


What's New

2014年

10月

19日

ダンスを楽しく踊りたい人集まれ!

秋もいよいよ本番ですな。みなさんコンテストやリハ、年末のショーケースに向けて忙しいかな?最近壁にぶち当たってて、なかなか思うようにいかないなとか、グルーブって何だろうとか、ノリが出ないとか、ダンスをもっと楽しむにはどうすれば

いいのかとか、成長していけば色々あるよね。じゃ、めちゃくちゃ楽しくなれるのを集めました。アフリカのガーナから火がついて、いまやロンドン、アメリカでも盛り上がっているダンスAZONTOです。本当にみんないいキャラしてるよ!ノリをキープしながら自由に表現してて最高に楽しそう!是非チェックしてみてね!

続きを読む 2 コメント

LUBMB★BRAID

dancer.singer御用達

コーンロウ・ブレイズ他

プロ級の技を激安提供!